2011年05月22日

1週間ぶっとおしデモ★アゲインスト原発 (京都)

京都では5/22(日)に原始力の会とピースウォーク京都が京都、鴨川三条河川敷からデモをするのですが、その前、16(月)から、21(土)までも、関電の原発を止める会(大風呂敷)主催でこちらも三条河川敷出発でデモをします。
見たまんまのデモ好きによる企画ですが、忙しい人やデモに躊躇がある人でも1週間あるから1日ぐらい行ってみるかとハードルが下げられないかという思いが実はその根底にはあります。
ぜひ、来れる日に来てください。よろしくです。

--------以下転送転載歓迎----------
1週間ぶっとおしデモ★アゲインスト原発
■5月16日(月)〜5 月21日(土)
18:00 三条大橋西側集合  18:30 デモ出発(三条河川敷出発、河原町を南下、四条をすぎ、仏光寺通りをUターンして三条河原にもどる)
5人でも10人でも、雨がふっても槍がふってもデモします。プラカードや楽器・鳴り物、自分の得意な表現で、あるいは仕事帰りにフラっと立ち寄る感じで自由にどうぞ!

※できるかぎり子守・ノートテイク用意します。今回は主催者人数の関係で調整が必要なので、お手数ですが事前にご連絡くださるようよろしくお願いします。

主催:関電の原発を止める会 (仮)・大風呂敷
090-9860-9860 genpatsu.tomeru@gmail.com
http://genpatsumoumuri.seesaa.net/
http://ooburoshiki.tumblr.com/

そして、1週間デモの最終日は盛大に
■5月22日(日) 原発をとめろ!核の真相を明かせ!こどもを救え!・京都デモ
14:00 三条河川敷 集合 15:00 デモ出発〜(雨天決行)
【コース】 三条大橋下(西側)→ 河原町通→ 河原町通四条を南へ一筋目で折り返し → 市役所前 解散(※プラカードなどを持参してください)
【主催】 原始力の会 と ピースウォーク京都
【連絡先】 橋本 080-5356−2140 (仕事中は電話に出られません)
http://gensiryokunokai.blog94.fc2.com/ 
http://pwkyoto.com/
(主催のひとりから)
★ 現実があまりに馬鹿げてるので、私たちはつい愚かなデモをすることになってしまった。その名も『一週間ぶっとおしデモ★アゲインスト原発』。ふざけた名前だけれども、わたしたちは至って大真面目。現実が過酷すぎて、ひとりで考え込んでいたら気が滅入る。とりあえず集まって、歩きながらみんなで考えようよ。

★ 原発のことはとても気になるけれど、正直なところ、めまぐるしく飛び交う情報に完全に置いてけぼりをくっている。ただそんな私にも分かるのは、今回の福島原発の事故によってものすごくたくさんの生活や人生が、生命が破壊され続けているということ。もし同じことが関西で起きれば、ここ京都だってヤバイということ。どうひいき目に見てもこれほど危険な原発というやつは、いったんすべてを止めてその是非が問われるべきではなかろうか。急に止めるのが無理だとしても、その方向を政府が模索しようとすらしないのはなぜなのか。人が暮らすための電力だったはずなのに、金のためにつくり続けられる電力が人の暮らしを破壊していく。これはいったいどういうわけだ。

★そもそもほんとうは、この事故が起こる前から破壊され続けていた。
ウランを採掘する人・輸送する人・原発で働く人、ほかにもいろいろな過程で、日常的に被曝する人がいなければ成り立たないのが原子力発電なのだった。だから事故が起きても起きなくても原発はやめるべきだと思う、といったら、炭鉱労働でも火力発電でもなんでも健康被害があるし亡くなる人がいる、どんなエネルギーにもそういう側面があるのに原発にだけ反対するのはどうなんだろう」と言う人がいた。そうか・・・私には、知らないことが多すぎる。その問題が原発より軽いとは思えない。でも、そのことが原発を続けていい理由になるとも思えないよ。そうして、こんなこと言ってた人がいたな、となんとなく思い出した。「全ての行為が罪の積み重ねであり、差別を伴うものであるとしても、なおかつ人は(私は)行き続け行動し続けなければならない。それは行けば行く程、行動・失望、行動・失望への道であり、絶望する己に絶望したとき、そこに悲しみがある。その『悲の場』に待って私は多くの人に逢いたいと思う。そこはこの上なくすばらしい世界であろう」(横塚晃一著『母よ!殺すな』より)。原発の問題と向き合うのも、こういうことなのかもしれないなぁ…

★なんてことを思いながら、気づけばなぜこんなアホみたいな名のデモを計画してしまったのか。いやでもその実、私たちは大真面目なのだ。もっとたくさんの人と話し合いたい、考えたい、おかしなことには声をあげたい。迷ってる人も怒ってる人も、みんなで集まろう。まいにち夕方、デモしよう。(G)

posted by 原発いらにゃん at 23:27| Comment(1) | デモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

1週間ぶっとおしデモ4日目

1週間デモ4日目です。
高江について考えるデモみたいな()から4日連続デモに行きました。
天気もはれ続きでのびのびデモしています。サウンドや楽器を鳴らしながら
ぜひ、みなさんも仕事帰りにでも、デモして、その後に河川敷でしゃべったり、酒飲んだりしてのんびりしませんか?楽しいですよ。
あと、4日もありますよ。
関電の原発を止める会のブログ:http://genpatsumoumuri.seesaa.net/に毎日のデモの報告が載っています。ぜひ、見てみてください。
posted by 原発いらにゃん at 16:51| Comment(0) | デモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

5/15『沖縄高江について考えるデモみたいな( ).』

今回は原発ではなく、京都での沖縄の基地問題についての企画のお知らせです。
沖縄の高江という森に囲まれた小さな集落を取り囲むように6つの米軍用のヘリパッドの建設工事が住民への説明・話し合をすることなく、始められました。住民の人たちがその工事に反対して07年から座り込みで工事を止めています。その住民たちを通行妨害として裁判に訴えるなど国はそこに住む住民を邪魔者としてのみ扱っています。被害を受けるのは住民なのに。被害をほとんどうけない人が決めている。原発と同じ構図です。
高江についてくわしくは、住民の会のパンフレット「Voice of Takae]
http://nohelipadtakae.org/files/VoT2008June.pdf
http://nohelipadtakae.org/files/VOT-english2010Oct14.pdf
原発だけでなく、沖縄の基地問題にも、そのほかの問題にもぜひどんどん越境していってくらたらいいのになー。
5/15は『沖縄高江について考えるデモみたいな( ).』にぜひ、ご参加ください。

**以下より転送・転載大歓迎!**

★5.15企画★
『沖縄高江について考えるデモみたいな( ).』
(  )の中はあなたが参加するスタイルで埋めてみてください。表現,集い,散歩,そぞろ歩き…?その他,なんでも!




5月15日(日曜・沖縄「復帰」の日)


15時〜17時 三条河川敷にて、路上沖縄文庫・プラカード製作・お茶会などなど。
デモみたいの出発まで昼寝するもよし、持ち寄り楽器でセッションするもよし。飛び入りアピールも歓迎です。


17時 デモみたいな何か出発(出発地点:三条河川敷)
*鳴り物、手作りチラシ・プラカードなど大歓迎!


デモみたいなの終了後、終着地点にてそのまま交流会。



*当日は、子守・ノートテイクを用意しています。必要な方はお気軽にご相談下さい。


○呼びかけ文
沖縄のアメリカ海兵隊北部訓練場に隣接している高江(人口160人の小さな集落)では、現在でも昼夜を問わず米軍ヘリが飛んでいます。
今、その高江にさらに6つのヘリパッドを、しかも住民の生活圏を取り囲むようにして作るという計画が進められようとしています。
住民が生活を壊されると不安に思うのは当然ではないでしょうか。しかし沖縄防衛局は住民に対してきちんと説明・話し合いをすることなく 、2007年に工事を始めました。
納得できない住民が座り込みをして工事を止めると、今度はその行為を通行妨害であると住民を裁判所に訴えました。その裁判は今も続いています。
そして、去年12月からは沖縄防衛局は大量の職員・作業員を動員して住民の抵抗をおさえて工事を推し進めてきました。
この間、高江の住民の方々から関西の私たちにもSOSが日々届きました。
その声に応えて自分たちの地元で声を上げて少しでもこの問題を知らせようと考えています。
3月1日からはノグチゲラなどの貴重種の繁殖期の邪魔をしないためという理由で工事が中断されていますが、7月1日に沖縄防衛局が宣言している中断期間が明けたらまた工事が再開されるでしょう。
この工事を止めるためには、高江で起きていることを全国で継続して伝え、声をあげていくことが必要です。
そこで、5月15日に京都で高江について考えるデモみたいな( )をやります。
堅苦しく考えずにただ集まったり、道の真ん中をウォーキングしたり、何か自分の考えを表現したり、どのような理由でもいいのでぜひ参加していただいて、つながっていきたいと思っています
一緒に当日そのような「空間」を作っていきましょう。
※プラカードに書きたいことがあれば当日一緒に作りましょう


主催:高江について考えるデモみたいなのをやるために集まった人たち


ツイッター
http://twitter.com/#!/takae_demomitai



連絡先
09068935667
ezohiguma_iikuma(アット)yahoo.co.jp (コジマ)
09085047812
hoyanobinzume(アット)gmail.com (ホヤ)
posted by 原発いらにゃん at 00:00| Comment(0) | デモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

(転載)5/8(日)2011春脱原発市民ウォークin滋賀

おしらせ.jpg
2011春 脱原発市民ウォークin滋賀 
5/8(日)13:30 JR大津駅前集合 

プラカード。うちわ・風船・横断幕など自由にご持参ください。なくてもいいです。
JR大津駅前⇒滋賀県庁前⇒関西電力滋賀支店前⇒びわ湖畔で解散
13:30集合                  15:30終了  
 

2011春脱原発市民ウォークin滋賀実行委員会
呼びかけ人・・・池田進(原発を知る滋賀連絡会077-522-5415)
(順不同)   阿部陽子(オリーブの会 077-543-6827) 
       岡田啓子(ふぇみん・滋賀 077-524-5743)
       森井壽廣(グループたんぽぽのたね 090-4038-8991)
       稲村守(9条ネット・滋賀 090-5713-8629)
                        
posted by 原発いらにゃん at 20:22| Comment(6) | デモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

反戦老人クラブ・滋賀(準備会)

知り合いから学習会の案内を頂きましたので、転載します。
これまではさまざまなデモに反戦老人クラブ・滋賀の旗だけ持ち込んで参加されていましたが、4/16の反原発御堂筋デモでいろいろ聞かれたことから、反戦老人クラブ・滋賀を実際にたちあげることにしたとのこと。
ぜひ、学習会に行ってみてください。
40歳以上の方は入会できるとのことなので、入会してみても面白いかも。

福島第1原発の事故から問う-命より原発なのか?
 3月11日、東北、関東地方の太平洋岸を襲った大地震と大津波は、3万人近くの死者・行方不明者を出す大災害となった。
 ヒロシマ・ナガサキ、スリーマイル島、チェルノブイリ、そしてフクシマ、核と原子力を推進する人々によって人類が破滅の危機に直面させられている。政府・電力会社・御用学者たちは安全神話を振りまき、私たちを欺いてきた。

 いま改めて、原発とは何か、どのような問題があるのかを学ぶ必要があると考え、原子炉工学に造詣の深い方と被曝経験者を招き、下記の集会を開催します。ひとりでも多くの参加を呼びかけます。

日時:5/21(土)午後2時から
場所:草津市立人権センター 大会議室 地図はこちら

講師:黒石晶朗さん 大阪大学で原子炉工学を学んだ方です。
   米澤鐡志さん 1945年8月6日、爆心地近くで被曝された方です
約1時間の質疑応答を含め、5時ごろ終了予定です。

会場費・資料代:300円

主催:反戦老人クラブ・滋賀(準備会)
連絡先 野坂昭生 077-562-5408
    高瀬元通 077-3034-7391 
posted by 原発いらにゃん at 20:35| Comment(0) | デモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。