2011年07月05日

【転載】8/6 福島・飯舘村からの声 〜酪農家・長谷川健一さんをお迎えして〜

【福島・飯舘村からの声 〜酪農家・長谷川健一さんをお迎えして〜】

3月11日に東日本を襲った地震・津波、そして未だ収束の目途が立たない原発災害。
福島第一原発から約40kmの飯舘村は、村全体が計画的避難区域となりました。

長年、飯舘村で酪農を営んでこられた長谷川健一さんは、
4月末、酪農を「休止」するという苦渋の決断を下しました。

出荷制限のため、原乳を絞っては捨てざるをえない日々。
我が子同然に育ててきた牛に、十分なエサを与えることもできず、
次第にやせ細り、結局別れなければならないという現実。

テレビ等で見る飯舘村と、若狭の原発で事故が起きた場合の高島が、
重なって見える方も多いのではないでしょうか。

原発事故後に自ら撮り続けた村の映像を交えながら、
長谷川さんに飯舘村の現状や想いを語っていただきます。

自らの体験をできるだけ多くの方に直接伝えたいと、おっしゃっています。
たくさんの方のご来場をお待ちしております。

長谷川さんからのメッセージ

今、世界でも類をみない、とんでもない原発事故が
このせまい日本の福島で起きています。 
私たちが味わった苦しみ、かなしみ、等をぜひ全国のみなさんに知ってほしい。 
そしてこの大事故を風化させないでほしい!!

 福島県飯館村 長谷川健一


--------------------------------------------------------------------------------


【日時】 8月6日(土) 
     14時30分開場・15時開始
【場所】 滋賀県高島市・安曇川公民館 ふじのきホール
     (安曇川ふれあいセンター内)
     JR湖西線・安曇川駅徒歩10分/駐車場有
【参加費】500円

*交通費・謝礼の為のカンパもご協力いただければ幸いです。


--------------------------------------------------------------------------------

京都では8月7日(日)に開催予定。詳細は決定次第ホームページ等でご案内します。


主催: 長谷川健一さんのお話を聴く会 http://iitatenokoe.blogspot.com/
posted by 原発いらにゃん at 14:26| Comment(0) | デモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。